Windows10でWebカメラが動作しない場合の設定・対処方法

ゲームやネット会議などで急にカメラ機能を使おうとするが動作しない認識されない事があるでしょう。Windows 10搭載の場合の意設定・対処方法をご紹介いたします。

Windows 10に標準 カメラ アプリで確認する

はじめにWindows 10に標準にインストールされてる「カメラ アプリ」で、Webカメラが動作しているか確認します。

1.デスクトップ画面左下の「スタートボタン」を左クリックし、すべてのアプリから「カメラ」を選択します。
または、「ここに入力して検索」に「カメラ」と入力して「カメラ」アプリを選択する。

すべてのアプリから「カメラ」を選択

2.「カメラが詳しい位置情報にアクセスすることを許可しますか?」の画面で「はい」を選択します。
この設定は後からプライバシー設定から変更することができますのでテストのため上記選択としてください。

カメラへのアクセス許可の画面

以下のような「許可設定」が表示される場合は「プライバシー設定」をクリックする。

カメラの設定を「オン」に切り替える。

3.カメラ アプリが起動すると、画面にWebカメラの映像が映し出されます。

カメラの映像

上記の方法で映像が映らない場合、WebカメラのUSB接続を再確認してください。
USBケーブルを再度抜き差しを試したり、別のUSBポートに接続しなおす事もお試しください。
また、Webカメラ自体に電源スイッチがついているタイプもありますので、電源がオンになっているか確認下さい。
カメラのレンズの部分にカバーがついたままの場合もあります。

ノートパソコンの場合はファンクションキー + カメラのマークが印字されているキーを押してカメラが有効になっているかご確認ください。

パソコンによってキー配置が異なります。

カメラのプライバシー設定を確認する

上記でも「プライバシー設定」については簡単に説明はしましたが、WebカメラとPCの接続確認をしたのに映像が映らない場合は、今一度、カメラのプライバシー設定を確認してください。
プライバシー設定でカメラへのアクセスが許可されていないと映像が映し出されません。

1.デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックし、「設定」を選択します。

「設定」を選択

「設定」を選択

2. Windowsの設定より、「プライバシー」を選択します。

Windowsの設定

プライバシー設定

3.プライバシーの項目にある「カメラ」を選択し、「このデバイスのカメラへのアクセスを許可する」の項目で「このデバイスのカメラへのアクセスはオンになっています」になっているか確認します。

プライバシーの項目「カメラ」

オフになっている場合は「変更」をクリックして、「このデバイスのカメラへのアクセス」のスイッチをオンします。

「このデバイスのカメラへのアクセス」のスイッチをオン

4.次に「アプリがカメラにアクセスできるようにする」のスイッチも同様にオンになっているか確認します。オフになっている場合はオンにしてください。

「アプリがカメラにアクセスできるようにする」

上記に加え、アプリ個別での許可も必要となりますので、「カメラがアクセスできるMicrosoft Store アプリを選ぶ」から、使用しているアプリがオンになっているかご確認ください。スクロールすると下部に「デスクトップ アプリがカメラにアクセスできるようにする」のスイッチもありますので、こちらもオンになっているかご確認ください。

「カメラがアクセスできるMicrosoft Store アプリを選ぶ」

ウイルス対策ソフトの設定を確認する

特に有料の高機能のウィルス対策ソフトを使用している場合などは面倒かもしれません。
ウィルスソフトが影響しているかの問題の切り分けのため、一度、ネット接続をOFFにしてから、ウィルスソフトを一時停止させてみてください。
*これでカメラが起動する場合はウィルスソフトの影響です。

この場合は、ウィルスソフトがカメラへのアクセス許可をブロックしている場合になります。
設定方法は個別のウィルスソフトの説明をご確認下さい。

ウィルスソフトを一時機能停止にした場合は、元に戻す事を忘れないようにして下さい。

カメラのハードウェアドライバーを再インストールする

WebカメラがWindows 10に認識されていない場合、デバイスマネージャーにあるカメラのハードウェアドライバーを再インストールすることで認識する場合があります。
※ハードウェアドライバーの再インストールに関しては、Webカメラが正常に動作しなくなる場合がございますので、十分ご注意ください。

1.デスクトップ画面左下のスタートボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。

「デバイスマネージャー」を選択

2.デバイスマネージャーの項目にある「カメラ」、「イメージング デバイス」、または「サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー」の左側にある 「>」 をクリックし、ご利用になられるWebカメラを探します。

デバイスマネージャー画面

3. Webカメラが見つからない場合は、「操作」 メニューを選択し、「ハードウェア変更のスキャン」 を選択します。

「ハードウェア変更のスキャン」 を選択

4.ご利用になられるWebカメラを右クリックし、「ドライバーの更新」を選択します。

「ドライバーの更新」を選択

5.「ドライバーの検索方法」より、「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックします。

ドライバーの検索方法

ドライバーソフトウェアの最新版がスキャンされるまで待機して、更新されたドライバーを再インストールし、PCを再起動します。
上記方法以外にも、メーカーから最新のWindows 10対応ドライバが提供されている場合があります。メーカーのホームページへアクセスし最新のドライバをダウンロードし、メーカーの手順に従ってインストール作業を行ってください。

WebカメラがWindows 10と互換性があるか確認する

古いWebカメラの中には、Windows 10と互換性がないものがあります。
ご利用になられるカメラに互換性があるかどうかを確認するには、以下の手順となります。

1.ご利用になられるWebカメラを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

「プロパティ」を選択

2.Webカメラのプロパティ画面より「ドライバー」 タブをクリックし、「ドライバーの詳細」を選択します。

「ドライバーの詳細」を選択

3.ドライバーファイルの詳細画面より「ドライバーファイル」のなかに「stream.sys」を含んでいるファイル名を探します。

「stream.sys」を含んでいるファイル名を探す

「stream.sys」を含んでいるファイル名が見つかった場合は、ご利用になられるWebカメラがWindows 7以前に発売されたものである可能性がありますので、新しいカメラの購入をご検討ください。

ハードウェアドライバーの再インストール後にWebカメラが機能しなくなった場合について

ハードウェアドライバーの再インストール後にWebカメラが機能しなくなった場合は、次の手順をおこなうことで改善される場合があります。

1.ご利用になられるWebカメラを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

「プロパティ」を選択

2.Webカメラのプロパティ画面より「ドライバー」 タブをクリックし、「ドライバーを元に戻す」を選択します。

「ドライバーを元に戻す」を選択

上記の方法で改善が見られない場合はドライバーをアンインストールして、ハードウェア変更をスキャンします。
※ドライバーのアンインストールに関しては、正常に戻らなくなった際にWindows 10の初期化を実行しなくてはならない場合もありますので、十分ご注意ください。

3.Webカメラのプロパティ画面の「ドライバー」 タブより、「デバイスのアンインストール」を選択します。

デバイスのアンインストール

4.デバイスのアンインストール画面より、「アンインストール」を選択します。

デバイスのアンインストール画面

5.ドライバーのアンインストール後、デバイスマネージャーの「操作」メニューを選択し、「ハードウェア変更のスキャン」 を選択します。

「ハードウェア変更のスキャン」 を選択

スキャンされるまで待機して、更新されたドライバーを再インストールし、PCを再起動して、カメラのアプリをもう一度お試しください。

これらの方法でもWebカメラの映像が映らない場合

ここまで、Windows 10環境でWebカメラが使用できない場合は、Webカメラ自体の故障も考えられます。

問題の切り分けとして、外付けカメラでしたら異なるPCでWebカメラが使用できるか試してみてください。

内臓式カメラでしたら購入先に問い合わせをするか、OSの再インストールなどが最終手段になります。

タイトルとURLをコピーしました